近年…。

食道粘膜に炎症をおこしてしまう逆流性食道炎は、約1週間しっかりと薬を飲めば、一般的に90%近くの患者さんの自覚症状は改善しますが、かといって食道粘膜のダメージや炎症が治癒したとは言い切れないので気を付けましょう。
アミノ酸のひとつグルタチオンは、細胞の役割を鈍化させたり異変を生むような悪い効果をもたらす物質を身体の中で解毒し、肝臓の役目を強力にする特長が確認されています。
毎年流行するインフルエンザに適応した万全の予防法や、医師による手当等、これらの基本と言える措置というものは、はっきり言って季節性のインフルエンザでも、未知なる新型インフルエンザでもあまり変わりません。
H17年2月以後、新規に全ての特定保健用食品にはマークと共に、「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の警鐘を表記することが義務化となった。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンに関しましては、これまで使用されてきた生ワクチンに代わる全く新しい方針として、平成24年9月1日より原則0円で受けることのできる定期接種になるため、集団による予防接種ではなく小児科などの医療機関で受ける個別接種という方法になりますのでご注意ください。
子供の耳管の形状は、大人のそれと比較して幅がある上に長さがなく、さらにほぼ水平のため、バイキンが入り込みやすくなっています。乳幼児が急性中耳炎に罹患しやすいのは、これが関連しているのです。
基本的なことですが陰金田虫(インキンタムシ)とは、正式名称は股部白癬(こぶはくせん)と呼び、カビの仲間である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、お尻等の場所に人が集まる銭湯などが感染源で、寄生してしまう感染症の事であり、一言で言うと水虫のことです。
男性15~25%、女性20~30%くらいが適正範囲と言われる「体脂肪率」とは、体重の内の脂肪が占有する割合であって、「体脂肪率(%) =体脂肪の量(kg)÷ 体重(kg) × 100」という単純な数式で弾きだせます。
スギの木の花粉が多く飛ぶ頃に、まだ小さなお子さんが体温は異常ないのにクシャミやサラサラした鼻みずが流れるように出てくる状況なら、『スギ花粉症』に違いありません。
骨折して大量出血した事態であれば、いきなり血圧が下がって、クラッとする目眩や冷や汗、悪心、意識消失発作などの脳貧血症状が引き起こされる時があります。
感染リスクを軽減させることが可能な季節性インフルエンザワクチンでは、従来からの研究の甲斐があり、ワクチンの効き目が見込まれるのは、ワクチン接種を受けた14日後から5~6ヶ月ほどということが明らかになりました。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事の中身が欧米化したことや煙草を吸う事・お酒を飲むこと・日々の暮らしの質が低下したことによる肥満、ストレスなどを理由に、今の日本人にたくさん発症している病気なのです。
鍼灸のはりをツボに刺す、という直接的な刺激は、神経細胞の活動を促し、神経インパルスと言われる、要するに電気信号伝達を発生させるという考えが浸透しています。
シルバー世代の人や慢性疾患を抱えている方は、殊更肺炎を発症しやすく、回復に時間を有する可能性が高いので、普段からの予防や早期発見が肝心なのです。
近年、患者数が増えつつあるうつ病は、脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、重い疲労感、食欲低下(または増加)、不安と焦り、顕著な意欲の低下、実際に行動したり自殺の仕方を考えたりするなどの深刻な症状が2週間以上続きます。

Comments are closed.